しもやけで使う塗り薬


しもやけのメカニズム


いわゆる「しもやけ」は医学用語では「凍瘡(とうそう)」といいます。

しもやけの原因は、冷えることによる皮膚の血行循環障害です。
皮膚での動脈,毛細血管,静脈が急激な冷えで一過性に収縮します。その後,動脈は静脈よりも早く拡張します。そのため、血液の流れが末端の皮膚内で滞ります。皮内の毛細血管がうっ血し,組織内に行き場を失った滲出液が漏れて炎症や浮腫が起こります。
この慢性的繰り返しがしもやけを起こすのです。

しもやけの特徴


冷えやすい手足の指,鼻,耳,頬などによくできます。
血行不良の血管が,急に暖かくなり血液が流れ出すことで痒みを生じます。
子供がなりやすいです。
日中の温度が4−5℃,また1日気温差が10℃以上の初冬,春先に多く見られます。

しもやけの治療


皮膚の血行循環障害を改善が第一です。
冷えをなくし、温めます。ヘパリン類似物質,ビタミンE,プロスタグランジンE1 など皮膚局所血行促進作用のある外用薬を使用します。
症状がひどい場合には,同様の作用をもつ内服薬を使用し,さらに悪化時は,即効性があるプロスタグランジンE1 点滴で対応します。
局所炎症やかゆみが激しい場合にはステロイド外用を併用することもあります。


以下に「凍瘡」を効能効果とする外用薬の一例をお示しします。

ヘパリン類似物質
ヒルドイドクリーム0.3%
ヒルドイドソフト軟膏0.3%
ヒルドイドローション0.3%
ヒルドイドゲル0.3%
ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」
ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「ニットー」
ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」
ビタミンE
ユベラ軟膏
ステロイド
ベトネベート軟膏0.12%
ベトネベートクリーム0.12%
リンデロン-V軟膏0.12%
リンデロン-Vクリーム0.12%
レダコート軟膏0.1%
レダコートクリーム0.1%