抗ヒスタミン薬ベネン錠 販売中止と代替品


第一世代抗ヒスタミン薬のベネン錠(トリプロリジン塩酸塩)が販売中止となるようです。
経過措置期間満了予定2017年3月31日

「ベネン錠1mg」販売中止のご案内
http://medinfo-sato.com/update/pdf/160829_venen_vena_pappen.pdf


ベネン錠はプロピルアミン系のトリプロリジン塩酸塩水和物を成分とする第一世代抗ヒスタミン薬です。

1951年イギリスで誕生しイギリス薬局方(1966年)にも収載されている歴史ある薬でした。
「Actidil」の商品名でイギリス、アメリカはじめ各国で販売されています。


中枢神経抑制作用の強い第一世代抗ヒスタミン薬の中で比較的、その抑制が弱く昼間の投与も可能な薬剤です。

第二世代に比べ効果発現が早いとされ、急性型の蕁麻疹などでは使用されることがありました。
また、授乳婦にも比較的安全な薬として妊娠と薬情報センターにも掲載されており、偶に使用されることがありました。


しかし、蕁麻疹診療ガイドラインやアトピー性皮膚炎診療ガイドラインにおいて第二世代抗ヒスタミン薬が推奨されたり、第一世代抗ヒスタミン薬は抗コリン作用があり緑内障や前立腺肥大などの下部尿路閉塞のある患者さんには使いにくかったりするため、次第に処方される機会は減ってきました。


このように処方のトレンドが変わり需要が減ってきたため、販売中止となったものと推測されます。

補足ですが、ベネンには昔シロップ剤がありました。
こちらは2011年に販売中止となっています。
http://medinfo-sato.com/update/pdf/111201.pdf


ベネン錠の代替品


第一世代抗ヒスタミン薬で探すのであれば、おなじプロピルアミン系のクロルフェニラミン(ポララミン・アレルギン)です。

授乳婦に使用していた場合は、クラリチンやアレグラが比較的安全な薬として使用可能と考えられます。