平成28年度から新たに診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品

平成28年度の薬価改定で、前年度から変更となった品目についてまとめてみました。

平成28年度から加算等の算定対象となる後発品に該当するもの(分類3)。

イソソルビド内用液70%「CEO」

テオロング錠50mg

テオフィリン徐放錠50mg「日医工」

テオフィリン徐放錠50mg「サワイ」

テオフィリン錠50mg「TYK」

テオフィリン徐放錠50mg「ツルハラ」

スロービッドカプセル50mg

アモリンカプセル125

アモキシシリンカプセル125mg「トーワ」

アモキシシリンカプセル125mg「NP」



平成28年度から後発医薬品のある先発医薬品に新たに該当するもの(分類2)


イソバイドシロップ70%

テオドール錠50mg



平成28年度から後発医薬品と同額又は薬価が低い先発品に該当するもの(☆)。

これらは、数量シェアの計算式から除かれます。

イソバイドシロップ70%分包20mL

バソレーターテープ27mg

ミニトロテープ27mg

ローヘパ透析用500単位/mLバイアル10mL

ローヘパ透析用200単位/mLシリンジ20mL

ダイアニール-N PD-4 2.5腹膜透析液

メトグルコ錠250mg

パセトシンカプセル125



平成28年度から先発医薬品と同額又は薬価が高いもの(★)

これらは、数量シェアの計算式から除かれます。

メニレット70%ゼリー20g

メニレット70%ゼリー30g

ミニヘパ透析用500単位/mLバイアル10mL

ミニヘパ透析用200単位/mLシリンジ20mL

ステイセーフバランス 2/1.5 腹膜透析液

ステイセーフバランス 2/1.5 腹膜透析液

ステイセーフバランス 1/1.5 腹膜透析液

ステイセーフバランス 1/2.5 腹膜透析液

メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「DSEP」

メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「JG」

メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「TCK」

メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「TE」

メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「三和」

メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「トーワ」

メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「日医工」

メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「ニプロ」

メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「ファイザー」



置き換え率の計算式の分母には分類2と3の数量の合計が該当します。

分子には分類3の数量が該当します。

置き換え率を増やすには分類2を減らして分類3に該当する商品を増やせばいいのです。



【参考】

平成28年度版 後発医薬品数量シェア計算方法