エビプロスタット配合錠SG 販売中止と代替品


エビプロスタット配合錠SGが販売を中止するようです。


エビプロスタット配合錠 SG 販売中止のご案内(日本新薬)
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/official/medicine/news/20160114_salesstop.pdf


在庫なくなり次第販売を中止するようです(2016年9月頃)。
経過措置期間は2017年3月末までです。



エビプロスタット配合錠SGは前立腺肥大症に伴う排尿困難に対する治療薬としてドイツで開発されました。


1 錠中下記成分を含有します。
  • オオウメガサソウエキス 0.5 mg
  • ハコヤナギエキス 0.5 mg
  • セイヨウオキナグサエキス 0.5 mg
  • スギナエキス 1.5 mg
  • 精製小麦胚芽油 15.0 mg

成分を見て分かるとおり、植物のエキスを配合したお薬です。


副作用が少なく効き方がマイルドなので、軽症の前立腺肥大症に使われます。


また、治療に変化を付けたい時など、他の前立腺肥大症治療薬と併用されることもあります。



なぜ、販売中止なのか

それは、役目を終えたからです。


エビプロスタット配合錠には「SG」の他に「DB」があります。


エビプロスタット配合錠DBは、「SG」の成分を2倍にした薬です。


エビプロスタット配合錠SGは、1日6錠という服用錠数の多さから、服用にあたって抵抗がある点がしばしば指摘されていました。

このような患者や医療現場の声に応え、有効成分を2倍量含有とする「エビプロスタット配合錠DB」が2008年登場しました。


これにより、「SG」から服用錠数が少なくてすむ「DB」へ切り替えが進んできました。



エビプロスタット配合錠SGの代替品

代替品は「エビプロスタット配合錠DB」です。


成分量が2倍なので注意が必要です。


「SG」を飲んでいた用法で飲んでしまうと2倍多く飲んでしまうことになります。


気をつけましょう。