ゴム手袋のパウダーの正体と安全性




Foot Surgery / ex_magician




ゴム手袋には「パウダーフリー」を謳っている製品が増えてきました。




この「パウダー」とは一体何なのでしょうか。







天然ゴム製の手袋には、着用をスムーズにするため、パウダーが塗布されている場合があります。

このパウダーの正体はコーンスターチ(トウモロコシデンプン)です。








パウダー自体は天然添加物でアレルゲンではないため、安全ですが、パウダーとラテックス抗原は簡単に吸着してしまうので、手指皮膚への接触や、空気中に舞ったパウダーの吸入によりアレルギー反応を引き起こす可能性があります。




また、パウダー自体が手指皮膚の乾燥や摩擦を引き起こし刺激性接触性皮膚炎の原因ともなりえます。




岡田淳子.手袋.感染対策ICTジャーナル Vol.4 No.3 2009. 感染対策vs PPE 個人防護具のセオリーとTPO. ヴァンメディカル.
http://www.vanmedical.co.jp/content/zasshi/k12.htm









イギリスやドイツでは、パウダー付き手術用手袋の使用は禁止されています。




Richard F, William B, Dean K, et al. Dangers of Cornstarch Powder on Medical Gloves -Seeking a Solution-.Annals of Plastic Surgery,63(1):111-115.2009.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19546685






パウダー付き手袋は、着用した後、手袋表面のパウダーを滅菌水で十分に洗い流してから使用する必要があります。




手間やコストがかかるので、パウダーフリーの製品を積極的に選択するのが良いでしょう。