抗PCSK9抗体の作用機序

体の中のコレステロールを一定に保つしくみ

コレステロールは肝臓で作られます。


肝臓で作られたコレステロールのうち一定の量は肝臓に貯められて、余ったものが血液中に分配されます。


肝臓にとって、コレステロールはとても重要なものなので、肝臓に溜め込んでいるコレステロールの量が減ってくると、血液中からコレステロールを回収します。



この回収に一役買うのがLDL受容体です。


LDL受容体の数が増えれば、肝臓にコレステロールを取り込む量が増えるので、血液中のコレステロールを減らすことができます。


一方、「LDL受容体」の数が減れば、血液中のコレステロールの量が増えてしまいます。



LDL受容体はPCSK9によって分解されてしまう

LDL受容体のはたらきは、PCSK9(proprotein convertase subtilisin/kexin type9:前駆体蛋白質転換酵素サブチリシン・ケキシン9型)によって影響を受けます。



PCSK9はLDL受容体にくっつくと、LDL受容体を分解してしまうのです。





「家族性高コレステロール血症」という難病では、PCSK9の働きが活発で、LDL受容体がうまく機能せず、コレステロールの取り込みがうまくいかないために、生まれつき脂質異常症を患っています。


家族性高コレステロール血症について(日本動脈硬化学会)
http://www.j-athero.org/specialist/fh_s.html



PCSK9のはたらきを邪魔する抗PCSK9抗体

そのような患者さんのために開発が進んでいるのが、抗PCSK9抗体です。


抗PCSK9抗体はPCSK9がLDL受容体にくっつくのを邪魔します。


そうすると、LDL受容体の数が増えていきます。


LDL受容体が血液中のコレステロールを取り込みます。



抗PCSK9抗体ではこのような作用機序でコレステロールを減らすのです。



抗PCSK9抗体の例

  • エボロクマブ、AMG145:レパーサ皮下注(アステラス)
  • alirocumab、SAR236553、REGN727:PRALUENT(サノフィ)
  • Bococizumab、PF-04950615、RN316:未定(ファイザー)
  • LY3015014:未定(リリー)

抗PCSK9抗体はスタチン等の既存の脂質低下薬では効果不十分な例や家族性高コレステロール血症、心血管リスクの高い高コレステロール血症の患者を対象に臨床試験が行われています。



すべて注射剤です。


関連:
高コレステロール血症治療の注射薬 レパーサ皮下注