アルギニンとグルタミンは褥瘡の予防と治療に関係する栄養素

アルギニンを2週間経口投与した臨床試験では創傷治癒と免疫応答の改善が示されました。

Kirk SJ, Hurson M, Regan MC et al. Argunine stimulates wound healing and immune function in elderly human beings. Surgery 114: 155-160, 1993

創傷部位に挿入したカテーテルにおけるヒドロキシプロリン集積と総タンパク含有量が著明に
増加し、マイトゲン刺激同種異型刺激に対する末梢血リンパ球の反応が大きく、インスリン様成長因子-1の濃度が著明に上昇しました。




アルギニンの創傷治癒と免疫応答の改善は以下の2つの作用が関わっていると考えられています。


アルギニンの成長ホルモン分泌促進作用

アルギニンは視床下部-下垂体系に作用して成長ホルモンやインスリン様成長因子-1などの分泌を刺激します。

成長ホルモンには、タンパク合成促進作用や筋細胞へのアミノ酸の取り込みを促進する作用があるといわれています。




アルギニンのプロリン、ポリアミン合成

アルギニンはアルギナーゼの作用により、オルニチンへ変換される。

オルニチンは、コラーゲンの合成に必要なプロリンへ変換され創傷治癒に働く。

また、オルニチンは細胞の成長因子であるポリアミンへ変換され、組織の形成や分裂に関わる。



アルギニン

|←アルギナーゼ

オルニチン→ポリアミン(細胞の成長因子)

プロリン

コラーゲン合成、創傷治癒


Rodwell  VW.  Chapter  30,  Conversion  of  amino  acids  to  specialized  products.  In  Harper`s  Illustrated Biochemistry  27th  Edition.  Edited  by  Murray  RK.  Granner  DK.  Rodwell  VW.  LANGE  medical  books/McGraw-Hill. NY.USA, 2006, p270-280



ハーパー・生化学
ハーパー・生化学
posted with amazlet at 15.05.10
Robert K. Murry Peter A. Mayes Daryl K. Granner Victor W. Rodwell
丸善
売り上げランキング: 272,256