痛みのオノマトペ


オノマトペをご存知でしょうか?
オノマトペ(仏:onomatopee)とは、擬声語を意味するフランス語です。


私たちの会話の中で出てくる「ガチャガチャ」「キラキラ」「ドキドキ」「ワクワク」「さくさく」は、これ全部オノマトペです。



医療の現場にもこのオノマトペは溢れています。


特に、痛みを表すオノマトペは多彩です。


チクチク 
ジンジン 
ズキンズキン 
ピリピリ



こんなに、表現はあるのに上手く伝わっていないと感じておられる患者さんが多いと聞きます。


つまり、患者さんの訴えと医療者側の認識にズレが生じることがあるのです。




痛みは目に見えず、感じ方も人それぞれです。


そこで、慢性疼痛を患っておられる患者さんに痛みをオノマトペで表現してもらい、それを医学的に分類してまとめようという取り組みが行われました。


オノマトグラム:メディカルオノマトペ(オノマトペラボ)
http://onomatopelabo.jp/medical/gram/index.html



痛みのオノマトペを侵害受容性疼痛と神経障害性疼痛に分けて分類するした結果、


侵害受容性疼痛に特徴的な表現は、「ズキンズキン」「ガンガン」「ギシギシ」でした。


神経障害性疼痛に特徴的な表現は「ピリピリ」「チクチク」「ビリビリ」でした。


両方の痛みに共通していたのは「ズキズキ」「ジンジン」「キリキリ