凍傷膏の代替品



凍傷膏(丸石製薬)が販売中止になるようです


凍傷膏は痛みやかゆみ、しもやけなどに使用される医療用の塗り薬です。d-カンフルとハッカ油を3%含んでいます。

1949年に販売が開始されたロングセラー商品ですが、惜しまれつつ販売終了となるようです。

特にご高齢の方には、根強いファンがおられて、冬にはこれがないとダメという方もいらっしゃいます。


販売中止は仕方ないので、なにか代わりになるものを見つけてみたいと思います。


院内製剤として調整する
レシピは以下のとおり
基剤の割合の調整で、お好みの使用感を作り出せます。

日局 d-カンフル 3g
日局 ハッカ油 3g
日局 流動パラフィン 適量
日局 豚脂 適量
日局 白色ワセリン適量

全量100gに調製します。


少量作るにはコストが掛かり過ぎるかもしれません、さらに豚脂とか手に入るのかよくわからないので却下。


一般用医薬品でさがす

全く同じ成分、同じ添加物というものはありませんでした。
類似薬として、タイガーバームがあります。

タイガーバームはd-カンフルを中心に、ハッカ油、ユーカリ油、L-メントール、チョウジ油が皮膚から患部に浸透し、血行循環を良くし、筋肉 の疲れ、痛み、こりに優れた効果を発揮します。


しかし、通常のタイガーバームには「しもやけ」の効能効果はありません。

「しもやけ」に使いたならば、タイガーバームのスティックタイプが該当します。

タイガーバームの成分、効き目をそのままに、手を汚さず、手軽に塗れ、筋肉・関節・腰などの痛みにすぐれた効果を発揮します。



凍傷膏とタイガーバームの違い

タイガーバームには凍傷膏にはないユーカリ油、L-メントール、チョウジ油が含まれています。

タイガーバームは100g中d-カンフルを24.9g、ハッカ油15.9gを含んでいて、凍傷膏の6~7倍です。ハッカの匂いや清涼感も強そうですね。