ベピオゲルとディフェリンゲルは同時に使えるの?



にきび(尋常性ざ瘡)の効能・効果を持つベピオゲルは、

同様に尋常性ざ瘡の効能・効果を有するクリンダマイシンリン酸エステル等の抗菌剤やアダパレン外用剤(ディフェリンゲル)との同時使用が考えられます。


海外で承認されている過酸化ベンゾイルとクリンダマイシンの配合剤そして過酸化ベンゾイルとアダパレンの配合剤の添付文書等には、過酸化ベンゾイルがクリンダマイシン及びアダパレンの吸収に大きく影響することは確認されていません。


BenzaClin(5%過酸化ベンゾイル及び1%クリンダマイシンを含有するゲル剤)
http://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2009/050756s034lbl.pdf
Epiduo(2.5%過酸化ベンゾイル及び0.1%アダパレンを含有するゲル剤)
http://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2013/022320s004lbl.pdf


以上から、
過酸化ベンゾイルと、外用抗菌やアダパレン外用剤を同時に使うことによる、相互作用が生じる可能性は大きくないと考えられます。


なお、ゲル剤は製剤学的理由により混合することはできませんので注意が必要です。


使い方の目安としては、先に過酸化ベンゾイルを塗り、クリンダマイシンは後に、あまり塗り広げないようにするのがよいでしょう。

(担当医師の考えもありますので、塗る順序は医師の支持に従ってください)



関連:にきび治療薬 過酸化ベンゾイル(ベピオゲル2.5%)



ナチュリエ スキンコンディショナー
イミュ (2003-04-14)
売り上げランキング: 19