タケキャブとタケプロンのちがい

プロトンポンプのはたらきを抑えて胃酸の分泌を抑制する点はどちらも同じです


適応症と投与期間が違います。


タケプロンには吻合部潰瘍やZollinger-Elison症候群、非びらん性胃食道逆流症の適応がありますが、タケキャブにはありません。



また、タケプロンは逆流性食道炎の投与期間が8週までとなっていますが、タケキャブではそれが、4週間までに短縮されています。





酸による影響の違い




タケプロンは酸による活性化を受けなければ効果を発揮できません。



しかし、タケプロンはその酸によって効果を失ってしまいます。



そのため、タケプロンは長く留まることができません。



一定の効果を得るためにはある程度高いレベルで血中濃度が維持されていなくてはなりません。





一方、タケキャブは酸による活性化を必要としません。



さらに、タケキャブは酸に安定なので、プロトンポンプの存在する分泌細管に長時間存在することができます。



高濃度に集積するため、新たに分泌細管に発現するプロトンポンプをすぐに阻害することができます。





結果、早く強い効果につながるのです。