輸液フィルターと相互作用を起こす代表的な医薬品と対処方法

輸液療法では、ガラス片やコアリングによって混入するゴムなどの異物混入や配合変化による沈殿物、微生物汚染、空気塞栓などが問題ことがあるため、調製時あるいは投与時にフィルターが使用されます。 特に、凍結乾燥製剤、微量元素製剤、エトポシド、パクリタキセル等やメイロン、TPN 製...

日本初ステロイド含有シャンプー コムクロシャンプー

※注意※ コムクロシャンプーは「シャンプー」ではありますが、劇薬に指定されている 医薬品 です。ドラッグストアなどで購入することはできません。入手するには、医師の診察と処方箋が必要となります。 コムクロシャンプーは2017年3月に承認された日本で初めてのステロイド含有シャ...

ADHD治療薬 インチュニブ(グアンファシン)

インチュニブ(グアンファシン)は2017年3月に承認されたADHDの治療薬です。 グアンファシンは2005年まで『エスタリック』という商品名で降圧薬として日本では使用されていました。 既存の薬であるコンサータやストラテラとは作用機序が異なる新しいタイプの治療薬です。 ...

リーバクト配合顆粒の変更調剤と一般名

リーバクト配合顆粒は1包(4.15g)に L-イソロイシン952mg L-ロイシン1904mg L-バリン1144mg を含むアミノ酸製剤です。 リーバクトは後発品のある先発品なのですが、後発品は1包あたりの製剤量が異なっています。 リーバクト配合顆粒...

貼り薬を貼ったままお風呂にはいってもいいですか?

貼り薬、いわゆる経皮吸収型製剤は薬剤を展延したテープを皮膚に貼ることで、皮下の血管から血液に取り込まれせ皮膚やその近くの組織ではなく全身への作用を期待する薬剤です。 経皮吸収型製剤は、経口剤とは違い、 薬物成分は皮膚からゆっくり吸収されて持続的に効果を発揮する 薬物...

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL経過措置2018年3月31日まで

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mLが半量製剤である『ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.4mL』の発売に伴い販売を中止するようです。 http://medical.eisai.jp/news/products/pdf/KK1339AKI.pdf 【経過措置期間】 2...

パーセリン錠25mg経過措置2018年3月31日まで

2017年3月17日告示・適用 経過措置移行品目にパーセリン錠25mgが掲載されていました。 ※2017年3月時点で販売中止のアナウンスはありません 【経過措置期間】 2017年3月18日より 2018年3月31日 (2018年4月1日以降は薬価削除され、保険請求...

アイロミールエアゾール100μg経過措置2018年3月31日まで

アイロミールエアゾール100μgは諸般の事情により在庫終了をもって販売を中止するそうです。 https://ds-pharma.jp/product/kaitei/pdf/hanbaityuusi/2016/airomir_tyushi_201606.pdf 【経過措置期...

フルタイドエアゾール含量変更の謎

フルタイドエアゾールの添付文書を、ふと見ると【組成・性状】のところが改訂されていました。 成分であるフルチカゾンプロピオン酸エステル含量の1缶中の値が改訂されたようです。 含量が改訂? どういうこと? とりあえずメーカーホームページにお知らせが載っていないか...

スインプロイク錠(ナルデメジン) モルヒネやフェントステープでおきる便秘の治療薬 

オピオイド誘発性便秘症に対する日本初の治療薬としてナルデメジントシル酸塩成分とする『スインプロイク錠0.2mg』が2017年3月に承認されました。 オピオイド鎮痛薬と便秘 がんの痛みや慢性疼痛の治療のためにオピオイド鎮痛薬が使用されることがあります。 オピオイド鎮痛...