貼り薬を貼ったままお風呂にはいってもいいですか?

貼り薬、いわゆる経皮吸収型製剤は薬剤を展延したテープを皮膚に貼ることで、皮下の血管から血液に取り込まれせ皮膚やその近くの組織ではなく全身への作用を期待する薬剤です。 経皮吸収型製剤は、経口剤とは違い、 薬物成分は皮膚からゆっくり吸収されて持続的に効果を発揮する 薬物...

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL経過措置2018年3月31日まで

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mLが半量製剤である『ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.4mL』の発売に伴い販売を中止するようです。 http://medical.eisai.jp/news/products/pdf/KK1339AKI.pdf 【経過措置期間】 2...

パーセリン錠25mg経過措置2018年3月31日まで

2017年3月17日告示・適用 経過措置移行品目にパーセリン錠25mgが掲載されていました。 ※2017年3月時点で販売中止のアナウンスはありません 【経過措置期間】 2017年3月18日より 2018年3月31日 (2018年4月1日以降は薬価削除され、保険請求...

アイロミールエアゾール100μg経過措置2018年3月31日まで

アイロミールエアゾール100μgは諸般の事情により在庫終了をもって販売を中止するそうです。 https://ds-pharma.jp/product/kaitei/pdf/hanbaityuusi/2016/airomir_tyushi_201606.pdf 【経過措置期...

フルタイドエアゾール含量変更の謎

フルタイドエアゾールの添付文書を、ふと見ると【組成・性状】のところが改訂されていました。 成分であるフルチカゾンプロピオン酸エステル含量の1缶中の値が改訂されたようです。 含量が改訂? どういうこと? とりあえずメーカーホームページにお知らせが載っていないか...

スインプロイク錠(ナルデメジン) モルヒネやフェントステープでおきる便秘の治療薬 

オピオイド誘発性便秘症に対する日本初の治療薬としてナルデメジントシル酸塩成分とする『スインプロイク錠0.2mg』が2017年3月に承認されました。 オピオイド鎮痛薬と便秘 がんの痛みや慢性疼痛の治療のためにオピオイド鎮痛薬が使用されることがあります。 オピオイド鎮痛...

アスピリン喘息既往のある人でも使える湿布薬

アスピリン喘息既往のある人でも使える湿布薬はないのでしょうか。 鎮痛薬の湿布は大きく分けて2つに分類できます。 第一世代と第二世代です。 第一世代は、サリチル酸メチルやサリチル酸グリコール を消炎鎮痛成分とするものです。 第二世代の消炎鎮痛貼付剤は鎮痛効果の高い非ス...

ベザリップ経過措置2018年3月31日まで

高脂血症治療剤「ベザリップ錠100mg、同200mg 」は諸般の事情により在庫終了をもって販売を中止するそうです。 https://chugai-pharm.jp/hc/ss/pr/drug/news/detail/PDF/1405239687269/20160400_bez...

ミラドール経過措置2018年3月31日まで

ミラドール(成分:スルピリド)は胃・十二指腸潰瘍,統合失調症,うつ病・うつ状態を効能効果とする薬剤です。 ミラドールは2016年に販売を中止しています。 【経過措置期間】 2017年3月18日より 2018年3月31日 (2018年4月1日以降は薬価削除され、保険請求...

中年期以降の物忘れの改善効果のある「オンジ」とは

2017年4月、「中年期以降の物忘れの改善」を効能効果とする一般用医薬品が2品目相次いで発売されます。 クラシエ薬品の『 「クラシエ」オンジエキス顆粒 』と ロート製薬の『 キオグッド顆粒 』です。 いずれも、生薬のオンジ(遠志)から抽出したエキスを乾燥粉末化した単味...